投資家の皆様へ

当社は創業以来、設計・開発に特化した技術サービスを提供するアウトソーシングを推進してまいりました。機械設計・電子設計・ソフト開発の3つの技術領域において、全国約200社の顧客の皆様にプロの技術者を提供し続けております。

わが国経済は、海外経済の減速等の懸念材料はあるものの、企業収益や雇用情勢に改善が見られ、全体としては緩やかな回復基調で推移いたしました。 当社の主要顧客である製造業各社においては、技術開発への積極的な姿勢を継続しており、当社への技術者派遣の要請も活発な状況で推移いたしました。 このような状況のなか、当社は新規拠点の開設や拠点の統合により、効率的な営業体制及び採用体制を構築し、受注拡大や技術者の積極採用を推進いたしました。その結果、稼働人員・技術料金は前年を上回り、稼働率は概ね前年並みの高い水準を維持しました。 これらの結果、売上高は5,074百万円(前年同期比7.6%増)、売上原価は3,945百万円(同6.1%増)、販売費及び一般管理費は725百万円(同2.5%増)、営業利益は403百万円(同39.7%増)、経常利益は401百万円(同39.7%増)、税金等調整前当期純利益は400百万円(同43.0%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は251百万円(同52.7%増)となりました。

当社は2015年9月に創立20周年を迎えました。これもひとえに株主の皆様をはじめ、関係各位の長年にわたるご支援の賜物と心より感謝申しあげます。技術者のための会社を作りたいという思いからスタートし、創立20周年を迎えるにあたっても、当社が目指すものは変わりません。様々な分野の人財を育成し、質の高いプロフェッショナルサービスを提供し続け、社会の発展に貢献していくことが、当社の使命だと考えています。今後も『人』の心に根差した経営を進め、永続的な成長を目指してまいります。

株式会社ヒップ
代表取締役社長 田中 吉武